50の手習い。「オッサンの管釣りブログ」

50を過ぎてから管マス釣りを始めた素人オッサンの記録と、何故かフェラーリのメカニズム解説も時々しちゃう。

番外:自作ギターアンプの紹介その3「Jewelbox」

f:id:tenaraioyaji:20200315192930j:plain

平井さんからリンクして頂いた記念で、ギターアンプ関係3連発でいきます。

 


自作ギターアンプ6号機

 これが現在のところ最新の6号機、調整前のバージョン1です。

平井さんは左手しか見えませんが、完成後の試奏をお願いした時の動画です。

 


自作ギターアンプ6号機完成

これがバージョン2が完成した時に試奏をお願いした時の動画です。

アンプ側のゲインとボリュームは固定で、ギター側のボリュームだけ絞っても、音痩せせずにクリーンになるという、何かこれ上手く作れたじゃん。という自画自賛の動画であります。

ストラトは平井さんのではなく私の日本製新品です。それを自分でカスタムして、その内容は、スイッチはUSA、ポットはCTSコンデンサはスプラグのビンテージセラミック、スイッチ周りと内部シールドの配線は、どっちも戦前に製造されたウエスタンの単線といった内容で、ストラトっぽい骨太なジャキジャキさを、自分なりに考えてアレンジしてみました。あと新品の時点でも6弦の高さが気に入らなかったから、ナットを牛骨品に交換してから弦高調整しました。

 f:id:tenaraioyaji:20200328102502p:plain

(画像クリックで拡大します)

これが最終バージョンの回路図です。

真空管は、5755×4、JJのEZ81、出力管は当初エレハモのEL84でしたが、後にJJのEL844に変更しました。

初段パラ以外は、SEND端子まで5号機のクリーンチャンネル回路を踏襲。片球余ったので、終段手前は何となくカソードフォロアにしてみました。整流管は結構一杯のところを使うので、保護抵抗を追加。

最初は電圧タップを320Vのところで使い、全球定格オーバーというアホな設計で一度仕上げてみたのですが、発振しまくりでロクにギターの音は出ず、ピーとかギャーとかいってばかりだったので、対策に疲れて電圧を下げました。高電圧をかけた発振ギリ手前の音を一度聞いてしまうと、どうしてもそこを狙いたくなるんですよ。カソードフォロアが直結じゃないのは、電圧高過ぎで不安定だった頃の名残りです。

JJのEL844は、定格オーバーには特に弱かった印象です。でも普通の84より音が良いので、844専用に定格を変更し、当初5w位だったパワーは4w位に落ちました。でもスピーカーの効率が良いのか、結構デカイ音出ますよ。

バージョン1からの他の変更点は、負帰還(プレゼンス)を廃止して帰還無しに。SENDの出力レベル微調整のボリュームを最初は付けていたのですが、意味が無いので廃止。そんなところです。

で、これだけの部品点数を、8インチスピーカーの市販品アンプ筐体に納めてしまおうという。そんな高品質のパーツや拘りの回路が、小さなケースぎゅうぎゅうに収まるというイメージから、「Jewelbox」と命名しました。

 

f:id:tenaraioyaji:20200328102321j:plain

ブックオフで2,600円だったかな。マーシャルのMG何とかだったと思うんですけど、買って速攻でバラして外箱だけに。中身は会社のギター弾きの同僚にあげました。

それで箱を採寸、そこに収める市販のケースは存在しないので、タカチというメーカーに寸法指定でセミオーダーのシャーシを注文。

その限られた寸法に何とかかんとか全てのパーツを収めたのが上の写真です。

電源のブロックコンデンサをシャーシ上マウントにして、シャーシ裏のスペースを空けるとか、そんな工夫をしています。そのため、今まではF&Tの電解コンデンサを好んで使っていたのですが、今回はJJ社をメインにすることに。

 

f:id:tenaraioyaji:20200328102409j:plain

シャーシ裏側。開口部が大きいところはアルミのアングルで補強を入れてます。

シャーシの表にトランスとかの大物部品が居座るところはスカスカで、あとは結構密集してまして、配線していく順番を考えるのが結構大変だった。

相変わらずアースは、ベルデン錫メッキ単線を使った母線方式で、シャーシに1点アースしています。

センドやリターンの配線は、意図的に長くシールドを引き回してますが、それは、お気に入りのシールド線である、ベルデン8451のキラキラした音を乗せたかったからという理由です。

他の配線は基本的に無味無臭のモガミ、ミッドレンジマシマシに味付けしたいところは、ウエスタンの単線とかも使っています。

 

f:id:tenaraioyaji:20200328102358j:plain

スピーカーはセレッションの8インチ。スピーカーケーブルは超定番のベルデン9497、外部スピーカーに繋げられるよう、本体の出力はフォンジャックになってます。そしてプラグはオスもメスも全てノイトリック。

 

f:id:tenaraioyaji:20200328102332j:plain

バージョン1の頃の裏側。シャーシマウントはビンテージのフェンダーと同じ逆さま方式です。電源入れると、裏からはオレンジに光るEZ81とEL844が見えます。表は普通の量産アンプなんですが、裏から見ると、これオールチューブで6本使ってんの?というギャップが好きです。

詰め込み過ぎたのでメンテナンスは最悪。各部のクリアランスがカツカツなので、一度シャーシを外さないとプリ管の交換ができないという。

 

f:id:tenaraioyaji:20200328102344j:plain

表側。これもバージョン1の頃です。なるべく目立たない部品ばかり使って素っ気無くして、グリルのクロスも自分でソルトアンドペッパーに貼り替えてみました。

 

f:id:tenaraioyaji:20200328102438j:plain

 で、これが私のギターと一緒に撮った、バージョン2が完成した時の写真。

ピックは皆さんお馴染みの、平井さんが名刺代わりにしているあれです。

これを弾いてみたいとか、自分もこれ作ってみたいという猛者のリクエストは大歓迎です。

最後に、一応ここはオッサンが釣れねーとボヤきながらも、執念でマス釣りに通い続けるブログです。(笑

番外:自作ギターアンプの紹介その2

f:id:tenaraioyaji:20200315192930j:plain

今日も平井さんと自作ギターアンプのネタでいってみたいと思います。

今まで平井スペシャルのアンプにチャレンジし続けていた訳ですが、その集大成というか、やっと音的に合格点になったのが、試作品として製作した通算5作目のプリアンプでした。

 


自作ギターアンプ プリアンプ5号機

結構嬉しそうに弾いてる平井さんですが、ここまでくるのがホント大変でした。

その道に足突っ込んじゃったからしょうがないんですけど、プロのレベルでガンガンリクエストしてきます。で、耳が物凄く良いから、最初のうち私は音の違いが良く分からなくて、言われたことを理解したふりして、適当に相槌を打っていたことが結構ありましたね。特に平井さんレベルに合わせてミッド付近の周波数を聞き分けるのは、結構慣れを要しました。

自分の音のイメージをしっかり持っているから、機材の方をそれに極力近づけてくれというスタンスですね。

特にトーンコントロール回路へのリクエストをクリアするのが大変で、ざっくり説明すると、ローは割と動く周波数が高目で、しかもそんなに動かない。ミッドは1kHz辺りを谷の中心にして動かして、ハイはバキューンと突き抜けるように。と、こんな感じです。

シミュレーター使って値を色々変えながら、実物も何回か作り直してやっと完成させました。

でもこれって、6弦をしっかり揺らせる平井さんだからこそのセッティングで、普通の人が弾くと低音が物足りなく感じるかもしれません。

あと、歪へのリクエストがスゴイ。(笑

前の4作は、ずっと歪が足りないと言われ続けてました。あとサスティーン短いも結構言われてましたね。

で、下がプリアンプ5号機の回路図なんですが、

 

f:id:tenaraioyaji:20200327173621p:plain

(クリックすると拡大します)

プリ管は5755×3、整流管はEZ81という構成です。

ヒーターはDC点火とか、クリーンとODを切り替えるのにFETのフォトリレーを使っているあたりが、元々オーディオアンプを作っていた名残りですかね。

5755というプリ管の特性は、12AX7系と比べると増幅率が低いとか、ギターアンプレベルではあまり歪まず、どんどん入力を増やしても、そのまま歪まずに耐えてからいきなり発振するという特性でして。そこで苦肉の策で、片側の波形だけ潰す段を増設し、それをODとして切り替えられるようにして対処してます。

ギターアンプ回路に詳しい方ならば、トーンコントロールカップリングコンデンサの定数に、苦労の痕跡を見つけて頂けるのではないかと。

あと、動画で「トルク」と表現しているツマミは、トーンコントロールのハイパスコンデンサに、可変容量のコンデンサをパラで接続し、ハイパスの周波数特性を変更できるようにした回路です。

あと、オーディオのようなトーンコントロール回路も追加しているのが独特ですね。まずは勝手に付けてみてから平井さんに、「このトーンコントロール要る?」と聞いてみたら要ると言われたので。何でも場所固有の反響音とかを補正するのに便利という、高度な理由でした。それから必ず付けるようにしています。

出力はカソードフォロアでレベル切り替え付き。+4db、0db、-10dbと、レコーディング機材からオーディオアンプまでの入力レベルに対応しています。

上の回路図通りに製作すれば、平井スペシャルプリアンプになりますよ。

 

f:id:tenaraioyaji:20200327191917j:plain

試作品として作ったので、全然デザインとか考えてません。適当に穴開けて、乗っけるもんを乗っけただけ。 

 

f:id:tenaraioyaji:20200327172840j:plain

 

裏はこんな感じです。妙にコンデンサの数が多い。

アースは母線を使って、シャーシには1点で落とすっていうのも、オーディオアンプっぽい作り方ですかね。

試作ですから、まとめ買い品とかを駆使して安く仕上げたんですけど、重要なところは本チャン部品を使ってます。

カップリングにはスチロールコンデンサを使うのが平井さんの好みなんですが、大容量で耐圧が高い品は枯渇してきました。そろそろ代替品を考えないといけません。

前回と同じまとめになってしまいますけど、次作も合間を見ながら少しづつ進めていきたいと思います。

番外:自作ギターアンプの紹介

f:id:tenaraioyaji:20200315192930j:plain

ギターの平井武士さんがオフィシャルサイトでここのことを紹介して下さったみたいで、ここ何日かはいきなりアクセスが伸びました。平井さん有難うございます。

平井さんのサイトから折角ここに訪ねて来て頂いても、当ブログの内容といえば、何だか釣れねーとボヤキながらも鱒釣りに通い続けてると思えば、突然偉そうな口調になってフェラーリとかの解説を始めちゃったりして意味わかんないですよね。

平井さん何でこんなとこリンクしたの?ってならないように、今回は自作ギターアンプと平井さんネタでいってみたいと思います。

もう5年以上前になりますか。平井さんが「Rays of the jet」をレコーディングしていた時が、私がギターアンプ自作に一番燃えていた時期でして。

そこで、製作を始めてから3台目のアンプを、レコーディングスタジオに持ち込ませて頂き、撮影した動画がこれです。平井さんは左手だけの登場です。

 

 

普通ギターアンプでは使わない真空管ばかり、レイセオン製の5755を6本とか、整流管は5R4GAとかのアメリカ軍払い下げ品を中心として設計した品で、出力管だけは普通にJJ製のEL34をプッシュプルで使って、大体35w位の出力です。

 

f:id:tenaraioyaji:20200327093716j:plain

 

今思えば、まだまだ音の煮詰めが足りないですけど、このアンプを使って4曲目「別れの曲」のイントロ部を録音して下さったのが良い思い出となっております。

 

 

そしてギターレーダー誌によるインタビュー。何か私のことを解説して下さってます。

現在も細々と製作は続けていまして、新作ではプリ部を3系統にして真空管は8本使い、出力は35w位のヘッド型、各種音質や音量調整のツマミが20個位並ぶという、何だかデジタル全盛の時代に、シーラカンスみたいな代物を作り上げようとしています。

最近は真空管用のトランス価格の急騰や、コンデンサなどヴィンテージパーツの枯渇により逆風が強く、すぐにという訳にはいかないのですが意地でも完成させて紹介できる日が来ると思います。

 

フェラーリのメカニズム解説その4:カーボンディスクブレーキ

f:id:tenaraioyaji:20200315192930j:plain

これまで旧車の解説ばかり続いたが、今回は最近のフェラーリに純正装着されているカーボンディスクブレーキについて解説してみたい。

f:id:tenaraioyaji:20200325171620j:plain

FERRARI 458 SPECIALE carbon disk brake

写真はフェラーリ458スペチアーレに装着されるカーボンディスクブレーキ(フロント側)である。

フェラーリでは2000年代の前半に306チャレンジストラダーレやENZOで初採用し、その後F430や599GTB、カリフォルニアではオプション設定され、その後のモデルでは標準装着となる。

最近は採用するメーカーが増えてきたものの、いわゆるスーパーカーばかりなので一般的にはまだまだ馴染みが薄い品である。従来とは全く違う素材のため、良くも悪くも今までのブレーキとは相違点が多い独特のものであり、以下それらについて解説してみたい。

まず、このディスクを装着する最大のメリットは、従来の鉄より圧倒的に比重が軽いため、バネ下重量が劇的に軽減されることである。例えば直径が400mmでも重量は6kg程で、同径の鉄製ローターのデータは持っていないのだが、恐らく倍以上の重量になるだろう。

その効果は絶大で、旋回性能だけでなく加速性能も向上させている。また、ローター自体の慣性も少ないので、制動時に自身の回転を止める力が少なくて済み、制動レスポンスも早い。

直径あたりの制動力を鉄製ローターと比較すると、同径で重量差による慣性の違いを考慮しなければという前提だが、鉄製の方が制動力は高く、同重量という条件ならばカーボン製に軍配が上がる。これは意外に思われるかもしれない点だ。

それはカーボンという材質の特性上、鉄製よりもブレーキパットの摩擦力を落とし、ブレーキローター、パット共に面積を極力大きくすることで、制動力を確保しているためと思われる。その理由でローター直径は大きくなるため、19インチ以上のホイールと高偏平のタイヤを組み合わせることも必須となる。

制動の特性は独特で、まず、ある程度の温度に達していないと制動力が立ち上がらない。特に冬場は顕著なので、走り出す際には私は何回かストップ&ゴーをして、感触を確かめてから走り出すようにしている。他には、ブレーキロックする寸前辺りのコントロール性が、鉄ローターのように踏めば踏むほど食いついていく感触ではないので、その領域でペダルの踏力を増やしても制動力が一定のままのように感じられ、これらが違和感を感じる部分だ。

これらの特性は、360チャレンジストラダーレなど初期の頃で顕著であったが、年々改良され「普通の」ブレーキタッチにだんだん近づいている。

また、磨耗の特性も独特である。鉄ローターのように均等に薄くならず、ローター表面のカーボン繊維が剥離していく減り方をするので、表面に虫食いのような窪みが少しずつ増えていき、その窪みの割合や減った重量などが消耗度合いの判定基準となる。

そして最大の特徴とも言えるのが価格の高さだ。フェラーリの場合、1台分4枚で300万円位になる。だがフェラーリを始め純正装着されているスーパーカーたちは、価格に関係なく夢を叶えるための車である。これからもスーパーカーである象徴として、カーボンローターは使われ続けていくことだろう。

  

手習いその31:初のフィッシングフィールド中津川を振り返る

f:id:tenaraioyaji:20200315192930j:plain

 

「メーカーによってラインの感触が全然違う」

前回の中津川では釣った数よりバラシた数の方が多かった訳ですが、今まで喰らったことが無かった、こっちに走ってきながらのマスジャンプ針外しは今後対策を考えるとして、あとはラインの銘柄が変わったことにより、その扱い方に慣れずラインのテンションが抜けて2匹バラしてます。

まあ考えてみれば、メーカーそれぞれにコンセプトがある訳ですから当たり前なんですけど、同じ3ポンドのナイロンラインでも、こんなにも銘柄でフィーリングが変わるもんかと驚きました。

それまで使っていたのはタックルベリーオリジナルで、例えるとゴム紐かな?合わせの時にビヨーンと伸びるのが分かる位で、ドラグの設定300gでも結構伸びてからドラグが作動します。そんな特性なので、かつては合わせに苦労してました。

その代わり、魚が掛かってからは伸びる分テンションが抜けないのはメリットなんだなと気が付きました。あと、しなやかなのでスプールへの密着は良いです。

今回からは、ダイワ プレッソライン TYPE-Nにしたのですが、何か対照的ですね。

伸びが少なくて固いソリッドな感じ。今までの使い方だとスプールへの巻きがどんどん緩くなってくるので、バックラッシュで絡まったのが1回、ラインの途中に謎の結び目が出来てたのも1回ありました。

これは今までより巻く時のラインテンションに気を付けないとダメですね。

バイトした時に今までは、よーし合わせるぞみたいな感じだったので、それと比べると、いつの間にかフックしてる感じで楽なんですが、寄せる時はテンションに気を使います。もうちょっと使ってみて早く慣れたいと思います。

 

「親切さん有難うございました。」
暖かかった3連休後の急激な冷え込みという環境でした。あと3連休にはかなりの釣り人が訪れ、大量のルアーが放り込まれたことでしょう。それでか傷ついたマスが結構いたかな。

岸辺近くをノロノロ泳いでいるのが多かった印象です。私が釣れたのも全部胸ビレが無かったですし。

そんな中でも釣る人は釣っていまして、私が釣れない理由にはならないんですけどね。

そこで、隣の釣れている人に思い切って声をかけてみました。仕事では下手にプライド高いもんだから、なかなか知らないことを人に聞きづらいんですけど、釣り素人と開き直っていると気が楽なんだなと。

気さくに応対して下さった方を、仮に「親切さん」としておきます。
最初は大体こんな感じで会話が始まりまして、

 

私:いやースゴク釣れてましたね。私ここ初めてなんですけど、今日は全然釣れなくて困っちゃいました。

親切さん:スプーンとクランク投げれば普通に釣れますよ。

私:(゚△゚;)

 

文字にするとキツく見えちゃいますけど、とても物腰柔らかな話され方です。

やはり何か私とは全然レベルが違う。

その後教えて頂いたことを要約すると、使っていたのは0,5gのマイクロスプーン、表層クランク、メタルバイブでした。マイクロスプーンとクランクで表層を泳がせるのがメインで、魚が沈んだらメタルバイブで底を叩くと良いですよ。みたいな感じで丁寧に教えて下さいました。有難うございました。

表層クランクは私が持っているのと大きな差は無さそうなので、活性に合わせた使い方を工夫しなければいけません。

あと、より軽量なスプーンを揃えて練習した方が良いな。とも思いました。

やっと1gスプーンのキャストに慣れてきたばかりなのではありますが、更にハードル上がるのかと思ったものの楽しみでもありますね。

そうすると、現在のタックルと私の腕では、まともに0.5gを投げられないでしょうから、軽量スプーン専用のタックル組んで、いよいよ2タックルかあ。

今までもそうでしたけど、突き詰めようとすると何の趣味でもお金はかかりますね。次に何を買おうかと考えるのは楽しいんですけどね。

手習いその30:初のフィッシングフィールド中津川

f:id:tenaraioyaji:20200315192930j:plain

3月23日は予定が空いたので、よしまた釣りに行くかと思ったのですが、3連休中のポカポカ陽気から一転して最高気温は10度ほど下がり、しかも曇り時々雨という天気予報。

これ絶対釣れないよな。と思い、どうしようか悩んでいたんですけど、折角準備したことだし行ってみるかとなりました。

じゃあどうせならまだ行ったことない所へと、フィッシングフィールド中津川へ。

f:id:tenaraioyaji:20200324130200j:plain

家から40分ほどで7時ごろ到着し、圏央道ができて以来あの辺りはとてもアクセスが良くなりました。王禅寺は東名川崎インター下りてから必ず渋滞してるので、どっち行くにも時間は同じくらいです。

ポンドは王禅寺のイチロー池を細長くした位かな。想像よりも大きかった。写真で見ると、周りの土地が広大だから相対的に狭く見えるのかと。

f:id:tenaraioyaji:20200324130233j:plain

受付を済ませ、一応ここのHPはチェックしておきましたが、レギュレーションが細かそうだったので、受付の方に手持ちルアーを見せてNGな品を確認。フェザーは予め家に置いてきまして、他には鱒の種がNGでした。

水が割とクリアなので、結構深くまで魚が見えますね。

釣りを始める前に、ポンドの周りをウロウロしながら居る魚を観察してみると、外周をグルグル回る回遊組と、ポンドの真ん中らへんに居着いた組に分かれている感じ。回遊組は足元のすぐ先を群れて泳いでます。

とりあえず今日は、スプーンの動きを見ながら巻く練習を午前中一杯はやってみるぞと、手持ちのイヴを取っかえ引っかえ投げまくり、表層をキープするのにチャレンジしていたのですが、中々難しくて一定のレンジをキープできない。

この季節、三寒四温とは良く言ったもので、昨日より急激に気温が下がり時々雨が降る中、ガタガタ震えながら巻くので、しかも天然トゥイッチになってしまうという。

そんな私の下手くそスプーンの技術じゃ釣れる訳もなく、じゃあクランク投げてみるかと試しても、想像通りで自分の手持ちクランクじゃアピール強すぎて魚は逃げ回っている。回遊してる方は回遊に夢中っぽくて、来たタイミングで色々目の前に落としてみても反応してくれない。

そのうちラインが絡まったので、カットしてスナップを付け替えたところ、クリンチノットを結ぶ時に輪に通せてなかったっぽくて、キャスト時に結びがほどけてルアーが後ろに飛んでいく始末。しかも、よりによって手持ちで一番高いハイドラムを、後ろの藪の中に飛ばしてしまった。

もう釣れないわアホ過ぎるわで泣きそうになりましたね。

その後30分ほど後ろの藪を探して、ハイドラムを無事発見。暫くそればかり投げて、やっぱニョロニョロの動きスゲーと現実逃避してました。

で、ハイドラムのフロントフックが胴体に絡まると全体がグルグル回るので、その時は早く回収するため早巻きするんですが、何故かそれを見て3匹位追いかけてくる。何だ回るのが好きなのかとトルネード投げると知らん顔で、意味分からんと一瞬思ったのですが、今まで見たことないのを見ると追いかけてくるのね。と何か納得しました。

じゃあこないだ買ったのを試してみようと、Xスティックの黄色をタダ巻きしたら1匹ゲット。

f:id:tenaraioyaji:20200324130708j:plain

そうだノアでも表層キープ試してみようと、ノアこげ茶で練習していたら1匹ゲット。

その後立て続けに4匹バラして、うち2匹は岸が近くなると、こっちに走ってきてラインのテンションが緩んだところ、ジャンプしてフックを外してました。

中津川のマスは中々の手練れが揃っている。

皆釣られてリリースを繰り返されているんでしょうね。そういえば釣れたマスは皆胸ビレが無かったです。

その後またスプーンの練習をしてましたが相変わらず下手でした。最後に主力のZANMU IDOのクッキー早巻きで1匹ゲット。ここでもう15時位になっていたので終了しました。

自分の腕ではこんなもんだろ。と想像していた通りでしたが、帰りがけに常連さんに話を伺ったのが最大の収穫でした。その内容は次回に紹介したいと思います。

 

釣れたルアー

f:id:tenaraioyaji:20200324131140j:plain

ムカイ ZANMU IDO FULLクリームスター 1匹

ロデオクラフト NOA 1.4g こげ茶 1匹

Xルアー工房 Xスティック 黄色 1匹

 

合計3匹

 

管釣り始めてからの累計 41匹

 

手習いその28:次回の準備

f:id:tenaraioyaji:20200315192930j:plain

そろそろ次の釣りに行きたくなってきたので準備をしていました。

まずはラインの交換をしないと。と、近くのキャスティングへ。

私が下手なのか、2~3回位釣りに行くとラインが捻れまくってヨレヨレになるんですよね。

当初は替えスプールを買って、それぞれフロロとナイロンを巻いて、どう違うのか試してみようと思っていたのですが、スプールって在庫していないんですね。ダイワの子会社だからダイワのパーツは結構在庫してんだろ。と勝手に思っていたのは大きな間違いでした。

替えスプール作戦が失敗したので、今回は手堅く、今まで使って慣れてきたナイロンラインを選択。違う銘柄を試してみようと、ダイワの3ポンドでオレンジ色のやつにしました。

f:id:tenaraioyaji:20200322181437j:plain

ナイロン同士でも使った感じは変わるのかな。ちょっと楽しみ。

で、釣具屋に行くとついついルアーも買ってしまいますね。

現在の手持ちは60個を超えているので、管釣り始めたのが去年の10月だから、毎月10個は買っている計算になるのか。

前回東山湖の教訓で、アピール弱めのやつと暗い色のスプーンが欲しいよなと思っていたので、

f:id:tenaraioyaji:20200322181846j:plain

ZANMU IDOのオリオリグロー、NOA1.4gのこげ茶、イヴ1gのグリピン、Xスティックの黄色などを買いました。

この選択が正しかったかは、またお魚さんが教えてくれることでしょう。

明日行ってこようかな。でも寒さが戻るのかあ。ちょっと悩み中。